授業の目的
防災・被災対応の意味や基盤となる知識について学ぶ。その一環として、被災病院における被害対応や避難所における二次災害の予防、起きやすい健康や生活上の問題とその対応について、災害看護の視点から具体的に学ぶ

到達目標
1.防災・被害対応の意味、危機管理対応について理解する。
2.災害発生時の被災病院における被害状況と看護職の対応について理解する。
3.避難所の目的や立ち上げに関連する行政の役割やシステムについて説明できる。
4.避難所の特徴や避難所生活が被災者の心に及ぼす影響について説明できる。
5.被災者の生活の視点および要援護者に対する看護の視点から捉えた避難所における看護の役割とケアについて説明できる。
6.演習を通して、避難所の設営に必要な人材や資機材、被災者同士の協働のあり方について考察できる。

学習の進め方
「AL]
1.授業の展開:講義と演習、毎回2コマ続きの授業を8回行う。
2.講習:日本赤十字社高齢者の健康生活支援講習の受講。
3.演習:病院における初期対応、避難所設営、仮設住宅訪問時のインタビュー

スケジュール:学習内容・方法・担当教員

No 内容 形式 教員
1 オリエンテーション:アンケート記入、被災地域の特性と看護役割
事前学修:[15分]災害看護論Ⅰ授業資料に目をとおしA4用紙1枚程度にまとめる
事後学修:[15分]授業の配布資料を読み返す
講義・演習 織方、赤井
2 被災者特性に応じた災害看護の展開
事前学修:[15分]第1回の配布資料を読み興味のある関連した内容をA4用紙1枚程度にまとめる
事後学修:[15分]授業の配布資料を読み返す
講義・演習 内木
3 想定された避難所生活中の被災者の看護計画立案
事前学修:[15分]第2回の配布資料を読み興味のある関連した内容をA4用紙1枚程度にまとめる
事後学修:[15分]授業の配布資料を読み返す
講義・演習 内木
4 避難所の設営と仮設住宅訪問時のインタビュー
事前学修:[15分]第3回の配布資料を読み興味のある関連した内容をA4用紙1枚程度にまとめる
事後学修:[15分]授業の配布資料を読み返す
講義・演習 内木
5 赤十字健康生活支援講習(高齢者の健康と安全)
事前学修:[15分]事前配付資料に目を通し興味のある関連した内容をA4用紙1枚程度にまとめる
事後学修:[15分]演習した技術の復習をする
講義・演習 日赤東京都支部、角田、赤井
6 赤十字健康生活支援講習(日常生活における介護)
事前学修:[15分]事前配付資料に目を通し興味のある関連した内容をA4用紙1枚程度にまとめる
事後学修:[15分]演習した技術の復習をする
講義・演習 日赤東京都支部、角田、赤井
7 赤十字健康生活支援講習(移動・食事・排泄・着替え)
事前学修:[15分]事前配付資料に目を通し興味のある関連した内容をA4用紙1枚程度にまとめる
事後学修:[15分]演習した技術の復習をする
演習・発表・討論 日赤東京都支部、角田、赤井
8 赤十字健康生活支援講習(清潔・認知症高齢者の介護、学科検定)
事前学修:[15分]事前配付資料に目を通し演習した技術復習しておき興味のある関連した内容をA4用紙1枚程度にまとめる
事後学修:[15分]演習した技術の復習をする
演習・討論 日赤東京都支部、角田、赤井

教科書
必要な資料を作成し授業で配布する。

参考書、参考資料等
小原真理子 演習で学ぶ災害看護 第1版 南山堂(2012) 東京

フィードバックの仕方
課題レポートのフィードバックは、後日ポータルで連絡する

他の授業科目との関連
災害看護活動論Ⅱでは災害看護活動論Ⅰの学習内容の理解に基づき、より発展的な内容を扱う。

成績評価の仕方
1.課題レポート60% 2.プレゼンテーション30% 3.小テスト10%

オフィスアワー・研究室等
授業開講日の16:00~17:00
内木(406研究室)、角田(410研究室)、織方(554研究室)、赤井(555研究室)

受講上の注意事項
赤十字健康生活支援講習の全日程出席者には「健康生活支援員」の受験資格が与えられる。認定試験に合格すると、日本赤十字社より「健康生活支援員」の資格が認定される。