授業の目的
東京都特別区の保健所等の事業に参加・見学し、地域住民の健康向上を目的とする保健所等の組織や制度及び取り組み、地域特性や住民の健康ニーズに対応した保健師活動の展開、保健師の役割や機能について学習する。

到達目標
1.地域診断に必要な情報を収集し、地域の状況をさまざまな角度から分析する能力を身につけている。
2.地域で生活する人々の健康ニーズに対して、対処するための公衆衛生看護活動を、根拠に基づいて検討する能力を身につけている。
3.公衆衛生体系における各組織の役割・機能および組織体系、事業の法的根拠や予算を理解し、実践、研究に必要な知識・技術を探求する基礎的な能力を身につけている。
4.地域の健康課題の変化に応じて、新たな保健師の機能や役割を見出す能力を身につけている。

学習の進め方
1.事前学習:実習開始前に各種オリエンテーション(全体・施設別等)を受ける。実習地域の地域診断・実習中の参加事業の調べ学習などをすすめ、各自の実習目標をたて、実習施設への事前訪問を行い、健康教育実施のための事前見学・相談をする
2.臨地実習:実習先保健所・保健センター等の管轄内における各種事業への参加、家庭訪問・相談対応、健康教育等の体験等を重ね、地域における保健活動について学びを深める。
3.カンファレンス・報告会:実習中及び終了後にカンファレンスや報告会を行い、学びの共有や定着をはかる。

スケジュール:学習内容・方法・担当教員
実習期間:5週間
実習場所:東京都特別区内の保健所、保健センター等

教科書
適宜、掲示する。

参考書、参考資料等
実習先行政の保健所事業概要、各種統計資料、広報、報告書等(HP、実習先より借用など)
東京の母子保健、母子健康手帳、発達・精神保健看護学各教科書

他の授業科目との関連
保健師教育課程の科目に関連する。

成績評価の仕方
1.実習の取り組み:実習施設事前訪問、地区踏査、健康教育展開、実習態度、カンファレンス、報告会など(80点)
2.実習記録:健康教育、家庭訪問、地域診断に関連する記録、事業概要記録、実習記録(10点)
3.レポート(10点)

オフィスアワー・研究室等
実習期間中の12:30-12:50、担当教員の研究室

受講上の注意事項
原則として、オリエンテーションを遅刻・欠席したものは履修することができない。
*この科目は保健師教育課程選択者のみ履修可(保健師国家試験受験資格取得のための必須科目)