授業の目的
乳児・幼児・学童・思春期にある子どもとその家族の健康レベルを理解し、変化する社会の中で、子どもと家族が人間として尊重され、その人らしく生き生きと生活できるように、それぞれの健康レベルに応じた援助を考える。

到達目標
1.子どもとその家族(成長発達、生活状況、健康状態)を理解するとともに、子どもと家族を取り巻く環境を認識し、その影響を考察することができる。
2.子どもと家族の健康の保持、増進、回復のために、適切な情報を収集、分析し、既存の知識・技術を発展させ援助することができる。
3.子どもと家族のニードに応じて、子どもと家族の尊厳と権利を擁護した援助を実践することができる。
4.他領域の専門家と協力する重要性を認識し、調整的な機能を理解し、説明することができる。
5.変化する社会に応じた小児看護の役割を考察することができる。

学習の進め方
1.オリエンテーション:実習初日に広尾キャンパス内にて、各フィールドのオリエンテーションを行う。
2.学内演習:実習の開始前、学内において小児看護技術演習を行い、実習に必要な事前知識や技術を復習する。
3.病棟実習:小児病棟、混合病棟、GCUのいずれかにおいて患者を受け持ち、看護援助を行う。また、院内学級の様子を見学する。カンファレンスでは、子どもと家族とかかわってみて感じたこと、考えたことをグループ内で共有し、看護援助や子どもと家族の理解につなげる。
4.小児地域実習:小児保健、乳児院、小児科外来、クリニックのいずれかのフィールドにおいて実習を行う。カンファレンスでは、各フィールドの役割や意義について学びを共有し、子どもと家族を取り巻く環境について理解を深める。
5.ケース発表:病棟実習中の学びを振り返り、子どもと家族の特性と対象の個別性について学びを共有する。

スケジュール:学習内容・方法・担当教員
1.実習期間:2週間
2.実習場所:日本赤十字社医療センター/日本赤十字社医療センター附属乳児院/武蔵野赤十字病院/武蔵野赤十字病院内いとすぎ学級/東小金井駅前こどもクリニック/埼玉県立小児医療センター ※詳細は、実習要項を参照のこと。

教科書
①筒井真優美監修(2016).小児看護学 第8版.日総研.
②筒井真優美監修(2017).パーフェクト臨床実習ガイド 小児看護 第2版.照林社.

参考書、参考資料等
必要に応じて文献を提示する。

他の授業科目との関連
この科目の履修については、履修の手引きに記載されている履修要件を確認すること。

成績評価の仕方
1.自己評価50% 2.実習の記録&レポート40% 3.実習への取り組み10%
※詳細は、実習要項を参照のこと。

オフィスアワー・研究室等
各週に自己学習日・学内学習日を設けており、その日はオフィスアワーとする。具体的な時間は、実習開始後に担当教員より提示する。
江本(419研究室) 川名(440研究室) 山内(443研究室) 鶴巻(441研究室) 神谷(未定)

受講上の注意事項
1.子どもの発達段階、行動傾向、病状などを考慮して、安全で安楽な環境を整え、事故防止に努める。
2.自己の健康管理に留意し、体調を整えて実習に臨む。
※詳細は、実習要項を参照のこと。