授業の目的
妊娠・分娩・産褥期にある母子および家族の健康問題を、ライフサイクルの視点と社会生活を営む人としての視点から理解し、対象の価値観を尊重し、かつ安全なケアを保証するとともに、セルフケア能力を高める援助を学ぶ。

到達目標
1.対象者をライフサイクルの視点から捉え、その一連の過程の中に周産期(妊娠期・分娩期・産褥期・新生児期)を位置づけることができる。
2.周産期における対象者の健康レベルを生理的、心理・社会的な特性を踏まえて明確にし、健康の保持・増進を促すよう関わることができる。
3.対象者の価値観を尊重し、安全で納得のいく出産体験の保証や、対象が新しい生命を家族の一員として迎え、慈しみ育てられるような関わりを学ぶことができる。
4.社会生活を営む対象者の援助を通して、保健・医療・福祉・その他関連領域の専門家と連携し、協働による援助のあり方を考えることができる。
5.対象者と密接に関連する社会状況の変化を捉え、well-beingの視点から周産期における看護の役割を考えることができる。

学習の進め方
1.病産院での実習:産科外来、分娩室、産科棟、NICU/GCUをめぐり、周産期における母子の看護を学ぶ。産科棟では入院中の母子を1組受け持ち、看護過程を用いて看護援助を行なう。
2.学内学習:実習期間中に学内学習日を設ける。実習に必要な知識や技術を学び、実習に活かせるよう、学生は実習室や図書館等を活用し、自己学習を行なう。また、看護過程の展開にあたっての個別指導やグループ指導を受けることができるので、自己の学習状況に合わせて主体的に活用し学習を進めること。
3.カンファレンス:日々のテーマカンファレンスでは、周産期の看護に関連するトピックスについてグループで話し合い、実習での学習体験を深める。
4.ケース発表・レポート:ケース発表では、産科棟での看護過程に焦点を当てて発表し、学びを共有する。レポートでは、各実習場での学習を通して学生個々にテーマを設定して考察する。
5.評価面接:学生が記載した実習自己評価表をもとに、学生と教員とで評価面接を行なう。実習での学びと課題について振り返る機会とする。

スケジュール:学習内容・方法・担当教員
実習期間:2週間
実習施設:日本赤十字社医療センター、武蔵野赤十字病院、大森赤十字病院、葛飾赤十字産院、横浜市立みなと赤十字病院
実習場所:産科外来、分娩室、産科棟、NICU/GCU
実習時間:原則として8:00~16:00(又は8:30~16:30)であるが、実習施設、実習場所にて異なる。
※詳細については、実習要項を参照のこと。

教科書
平澤美恵子・村上睦子監修(2017).写真でわかる母性看護技術アドバンス.インターメディカ.

参考書、参考資料等
発達看護学Ⅰ-①、②の講義資料、演習資料、および教科書を活用する。

他の授業科目との関連
1.看護援助論実習(レベルⅡ)に合格していること
2.発達看護学Ⅰ-①、発達看護学Ⅰ-②(リプロダクティブヘルスと看護)、看護援助論Ⅵ、健康レベル別看護学演習Ⅱの修了試験受験資格を有していること

成績評価の仕方
実践内容 30%、実習記録 30%、ケース発表 10%、課題レポート 10%、発達看護学実習Ⅰ個人評価表 20%とする。詳細は、実習要項を参照のこと。

オフィスアワー・研究室等
実習期間中の①学内学習日、②12:10-13:00、③新田(451研究室)、喜多(434研究室)、千葉(452研究室)、東(430研究室)、塚本(423研究室)、藤田(421研究室)、本橋・山下(433研究室)、各実習担当教員が主に対応する。

受講上の注意事項
1.原則として欠席3日以上の場合は再履修とする(詳しくは実習要項を参照のこと)。
2.新生児やハイリスク児と関わるため、健康管理には十分留意する。
3.自己の感性や生命に対する畏敬の念を高め、看護者としての倫理的な視点を養うことを期待する。