授業の目的
災害発生から自分や家族の身を守る防災や減災対策を習得すると同時に、災害という異常事態のなかで赤十字やその他の機関が行う救護活動の全体像から災害看護の役割を理解し、将来、災害救護活動の推進者として成長できるように基礎的能力を養う。

到達目標
1.国内および国外で発生する大災害の現状と今日的課題について説明できる。
2.災害看護の歴史的発展を理解する。
3.災害救護活動における赤十字の果たす役割について説明できる。
4.災害の概念、災害時の健康障害について理解する。
5.災害時における、人々の生命や健康および生活を支えるために必要な看護の基本について説明できる。
6.トリアージの基本的知識と方法について説明できる。
7.自己防災および地域防災の重要性とその実際について説明できる。

学習の進め方
1.授業の展開:1学年を2クラスに分け講義形式で行う。
2.映像シミュレーション:災害現場や被災者の状況、救護班の活動のイメージができるように適宜取り入れる。

スケジュール:学習内容・方法・担当教員

No 内容 形式 教員
1 オリエンテーション:災害発生の現状と今日的課題・災害看護の歴史的発展
事前学修:[15分]教科書を読む
事後学修:[15分]授業の配付資料を読み返す
講義 浦田、亀井
2 災害の定義・災害看護
事前学修:[15分]教科書を読む
事後学修:[15分]授業の配付資料を読み返す
講義 赤井
3 災害と健康障害
事前学修:[15分]教科書を読む
事後学修:[15分]授業の配付資料を読み返す
講義 織方
4 赤十字における災害救援活動と看護の役割
事前学修:[15分]教科書を読む
事後学修:[15分]授業の配付資料を読み返す
講義 伊藤
5 災害サイクルに準じた看護の特性
事前学修:[15分]教科書を読む
事後学修:[15分]授業の配付資料を読み返す
講義 亀井
6 トリアージの原則と方法
事前学修:[15分]教科書を読む
事後学修:[15分]授業の配付資料を読み返す
講義・シミュレーション 織方
7 防災対策の基本(自助・共助・公助)
事前学修:[15分]教科書を読む
事後学修:[15分]授業の配付資料を読み返す
講義 亀井
8 総合防災訓練への参加
事前学修:[15分]傷病者役について予習しておく
事後学修:[15分]参加レポートを作成する
学外演習・討論 亀井

教科書
浦田喜久子編 系統看護学講座 統合分野 災害看護学・国際看護学 第3版 医学書院 (2015) 

参考書、参考資料等
なし

他の授業科目との関連
看護技術論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲで学習したことを基盤に、被災者との関わり方や災害救援に欠かせない基本的な知識学習します。
4年次の総合実習(救急看護)を希望する学生は、赤十字救急法(課外授業)を受講しておくこと。

成績評価の仕方
1.定期試験60% 2.小テスト30% 3.課題レポート10%

オフィスアワー・研究室等
授業開講日の16:00~17:00
亀井(416研究室)、織方(438研究室)

受講上の注意事項
毎回リフレクションペーパーに授業内容の質問、疑問点などを記載していただき次の授業回でフィードバックをする双方向性の授業を展開します。総合防災訓練に参加し、課題レポートを提出していただきます。