授業の目的
個々の健康を生活者の視点から捉え、地域で生活する個人、家族、集団を対象として看護活動を展開するために必要な知識・技術・態度を学ぶとともに、基礎的な実践能力を習得する。

到達目標
1.妊娠期や育児期にある母子と家族の健康に関する課題を、ライフサイクルの視点と地域で生活を営む人としての視点から理解することができる。
2.妊娠中から育児期にかけて継続したセルフケア能力を高める援助の実際を理解することができる。
3.様々な社会的背景や健康状態にある母子と家族に適した支援について、医療・福祉・行政・法律や制度・政策などの視点から理解することができる。
4.周産期にある母子とその家族に対して、健康促進のための情報提供の在りかたについて実践から学ぶことができる。
5.現代社会が抱える周産期や育児期の課題を理解し、支援の在りかたを考察することができる。

学習の進め方
1.事前学習:周産期、育児期に関連した法律や制度について整理する。
2.産科外来実習:学生の実習計画や臨床の状況により、医師による妊婦健診、保健指導、助産師外来、母乳外来、集団指導などの実習場所で展開する。地域で生活を営む人としての妊婦が、関連する制度や法律、政策などをどのように活用しながら妊娠期を送っているのかについて、実習を通じて学び考察する。
3.カンファレンス:各自の実習目標に沿って体験を振り返り、意見交換を通じて実習体験を共有し学びを深める。
4.学内学習:実習に必要な知識・技術を学び、実習に活かせるようにする。実習展開にあたっての個別指導やグループ指導を受けることができるので、自己の学習状況に合わせて積極的に活用する。
5.学習報告会:実習体験を振り返り、地域社会において妊娠期や育児期を過ごす母子とその家族が抱える課題と産科外来での看護の在りかたについて地域特性や施設特性を踏まえて体験を共有し、意見交換を通じて学びを深める。
6.課題レポート:実習体験を通して捉えた現代社会における妊娠・出産・育児に関連した課題を1つ取り上げて説明し、看護者として期待される支援のあり方について考察する。

スケジュール:学習内容・方法・担当教員
1.実習場所:日本赤十字社医療センターまたは武蔵野赤十字病院の産科外来。
2.実習期間:1週間(うち産科外来での実習は2日間)*詳細は実習要項参照のこと

教科書
森恵美他(2016).系統看護学講座専門分野Ⅱ 母性看護学各論第13版 母性看護学2.医学書院.

参考書、参考資料等
発達看護学Ⅰ(リプロダクティブヘルスと看護)等の授業資料や演習資料を活用する。


事前学習:
・周産期、育児期に関連した法律や制度については事前課題を提示し提出する。
・発達看護学(リプロダクティブヘルスと看護)Ⅰ-1、Ⅰ-2、健康レベル別看護学演習Ⅱ、発達看護学Ⅰ実習等での学習内容および教科書・資料を復習しておくこと。特に地域・在宅の視点から社会生活を営む母子と家庭に求められるケアに関連する内容について確認しておく。

他の授業科目との関連
発達看護学Ⅰ(リプロダクティブヘルスと看護)-1、Ⅰ-2、健康レベル別看護学演習Ⅱ、発達看護学Ⅰ実習等での学習内容を発展させた内容を扱います。

成績評価の仕方
実習内容(実習への取り組み、カンファレンスの参加度など)30%、事前学習課題10%、実習記録20%、課題レポート20%、個人評価20% 計100%

オフィスアワー・研究室等
学内学習日12:30-13:00をオフィスアワーとする。喜多(434研究室)、水野(452研究室)、大塚(554研究室)、千葉(555研究室)、山本(432研究室)、飯田(432研究室)、新任(○○○研究室)、実習担当教員の研究室にて対応する。